忍者ブログ

ねこのえそらごと

適当に何か書いてく趣旨のよく分からないブログ。
NEW ENTRY
(01/07)
(12/17)
(12/11)
(12/09)
orz
(11/08)
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10/21/08:22  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08/30/21:49  病気

こんばんは。
先日ちょっと3日間ほど意識不明でした。

目が覚めたら病院のベッドとかびびるよね!?
…過去にも何回か経験ありますg

私の病気は「癲癇」と言います。
あまり認知度は高くないかもしれません。

簡単にその症状を説明しますと、
痙攣や意識障害(一時的な記憶喪失、急な昏倒、意識の遮断)等があります。
昔は子供の病気や、そもそも癲癇として認知されて無いところでは「狐憑き」などと言われてました。

また癲癇は人の数ほど症状に微妙な個人差があり
原因特定などは困難を極め、完治も簡単とは言いがたいです。
私が発症したのは幼稚園の頃、TVゲームで遊んでる最中に起こったそうです。
医者の先生からは「光源性癲癇」と診断されました。
簡単に言えば強い光などが引き金となって発作が起こります。
なので今でも治療を続けている私は医者からパチンコ等には行かないように、と言われてます。

歳を取るにつれ病状も安定し、発作も殆ど起きてなかったのですが
ここに来て久しぶりにこのような大きな発作が起こるとは…。
人生何が起こるかわかりませんね。

癲癇についてもっと詳しく知りたい方はウィキペディア等を覗いてみると良いかもしれません。
もしここを読んでいる方の近くに癲癇の方が居り、ご自身の見える範囲で発作が起こった場合
知っていると知ってないとでは対処が大きく違います。
見ていて損は無いと思います。
PR

無題

ウィキペディア見てみました。
物にぶつかると怪我するから周りのものをどけたりして安全確保
発作を良く観察して5分以上続くようならば救急車を呼ぶかな
うーむ、ポケットモンスターの事故も癲癇だったんですね
身近な出来事に勉強させられました。

  • 2008年09月01日月
  • ラミ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL